Yokoishi Dental Clinic

Web
予約

06-6767-1580

歯科口腔外科Dental and oral surgery

Dental and oral surgery

親知らずの抜歯・スポーツや
交通事故などの外傷まで

歯科口腔外科では上下の顎(あご)や歯ぐき、舌、唾液腺の
病気などを扱っています。
最も身近な例では、顎骨に埋まっている親知らず(智歯)
などの難しい抜歯をはじめ、 交通事故やスポーツなどの
外傷や顎変形症、唾液腺疾患などや口腔粘膜の疾患や
神経性疾患、口臭症などの内的疾患も対応しています。

お口の状態で気になることはありませんか?

  • 親知らずが痛い
  • 歯肉が腫れて血や膿がでる
  • 歯がぐらぐらする
  • 義歯が不安定で噛めない

  • 口内炎や潰瘍が治らない
  • 味が分からなくなった
  • 舌がピリピリする
  • 口の中が乾きやすい

  • 顎が腫れている
  • 上顎・下顎が痛い
  • 口の開け閉めがしにくい
  • 開け閉めでカクカク音がする

  • 受け口や出っ歯で噛みにくい
  • 顎が曲がっている(左右非対称)

気になることやお困りのことがあればご相談ください。

親知らずなどの抜歯

現代人は顎の形態が小さくなり歯の生えるスペースがないため、親知らず(智歯)の方向が横を向いてしまい、骨の中に埋まっている(埋伏)ことが多く見受けられます。 埋伏してしまった歯の周囲は炎症を起こすこともあるため、歯ぐきの腫れや痛みを生じる場合があります。

外 傷

スポーツや交通事故などで衝突や転倒などによる顔面の皮膚や口唇、歯肉、舌などの裂傷、歯の破折、歯の脱臼、歯槽骨骨折、顎骨骨折に対する治療をおこないます。
機能の回復はもちろん見た目の回復についてもお困りの方はご相談ください。

インプラントの診断と治療

失われた歯の代わりに、あごの骨の中に人工歯根を埋め込み、それを土台として人工の歯を作る治療法です。自分の歯のように食物を噛むができます。
見た目も自分の歯に近い状態にできるため、機能と見た目のバランスをより自分らしい状態にすることが可能です。

顎関節症

「あごや頭、顔が痛い」 「口が開かない、開けにくい」 「あごを動かすと関節が鳴る」などのあごの不調を治療します。 食事や会話に不都合が生じたり、頭痛や首・肩の痛みなど、あご以外の症状が出る方もいます。 耳のあたりが痛むことが多いため、耳鼻科を考える方もいますが、顎関節症は顎の機能と関連するため歯科医院が専門分野です。

Yokoishi Dental Clinic